發新話題
打印

それとは逆に魔力が低い種族は獣人族2年前

それとは逆に魔力が低い種族は獣人族2年前

それとは逆に魔力が低い種族は獣人族。2年前ならそうだったかも知れないが、私だって成長する。廊下を支配する炎は、瑠唯が放った鬼火なのだ 炬白はもう一度、呼んだ。
  所変われば、扱いも変わるらしい。気にはなるが、中に入る事ができない場所なので残念だ。たった数十メートルもない筈なのに不可視の弾丸の動きは遅く、ゆっくりと軌道を逸らさず、ただ正確に、俺の額へと向かって滑空してくる,ディーゼル ベルト。そんな何かに向けられた刺々しい感情に口を奪われ、俺は湧き上がってくる言葉を矢継ぎ早に紡ぎ出す いくつかの角を曲がったところで、列が止まった。 半分しかない頭で泣きながら涼子の横を突き抜けていった後、数メートル先にある消火栓にぶつかって倒れた。 悲鳴を上げることさえできない様子。 そうして数や配置が合っているか抜き打ちでチェック。神崎君から聞いてなかった? 「ううん。
   ブースターの悲鳴を聞きながら上昇しきった所で、全てが緑と白い雲の中に消えて、ちらと見ただけではどこが飯田市かさえ、さっぱりわからない。と結んだ。 リーダーの不良野郎はそして、にやりと気持ちの悪い笑みを浮かべて俺の手首を握った。 「おい見ろよ、女だぜ!!で、私に何か質問は? つらつらと自惚れるようなことを考えていたら、思わず笑いがもれた。

TOP

持久增硬增長增粗

TOP

發新話題