Board logo

標題: 現代人として恥ずかしい限りなのだが、私は [打印本頁]

作者: ztNCDDSCS    時間: 2014-11-9 20:30     標題: 現代人として恥ずかしい限りなのだが、私は

現代人として恥ずかしい限りなのだが、私はどうも横文字と機械の扱いは苦手で、この携帯電話も、美琴に教わるまではアドレス帳機能すら知らなかった始末だ。 そんな私を見下すように眺めていた男 ―― 藤宮狂介は、変わらず不機嫌そうに眉を歪ませながら、鬱陶しげな語調で言った。」 後ろではっきりと聞こえた女の声に、悠理の動きが完全に停止した。」 悲鳴なのか深呼吸でもしたのか、真っ赤にゆであがった悠理の喉から、そんな声があがった。 母さんにあんまり影響されんなよ? しかし、そうなると色々合点が行くな」 「アーリーの基礎を確立したのも、夏芽の波長を新天寺社独自の電波の規格に採用したのもあの人だって話か?」 「ラノベや漫画知識でいきなり使ったあんたが言う!」 「ふん、情けない事に猿真似しかできなくてね」 じつに腹立たしいと心底不快そうに吐き捨てて立ち上がった白を睨む だがそれは彼が憎らしいというよりそんな自分を責めるような顔だ この身は経験を真似ているだけの身誰かの研鑽を模倣するだけの身 自身から湧き出たモノも積み上げてきたモノさえない反則者 「所詮は自己満足の話だがな……それも借りるぞ」 そんな個人的な悩みなど今ここではまるで意味も関係もないと、」 「そのようだな」 理屈は分からずとも霊刃を胸部に当てたはずの白い鎧は起き上がる。確認するだけ確認しておいて損はない,ディーゼル バッグ
   「当たり所が悪くても恨むなよ! 「獄界や魔界じゃなくて?」 「確かに、最近、韓国政府もしくはそのダミー企業の支払いの多くが金―――純金で行われていることは確かです。 「ただ―――言いたいことは一つだ」 「何だ?私が愛の言葉でも囁くかと? 学校という閉鎖的な空間で過ごしていたせいで、どうしても過敏にならざるを得なかった、攻撃的になるしかなかったというのはあるだろう。 私が彼くらいの年齢だった時にあそこまで頭を使って生きていたかどうか。 「はい、分かりました」 メロディがアーマードタイガーを撫でるのを中断して、自然体で直立する。 生きてはいるが、死んだヤツよりも、こちらの方が需要がないよな。 「先生、書類の整理は終わったんですか」 「処理して王都に発送するのに、五分もかかりませんでしたよ。
   やっぱり、まだ子供だなあ。




歡迎光臨 財團法人聖母聖心修女會 (http://hsien.com.freehostia.com/) Powered by Discuz! 6.0.0